新着情報

ニュース

2021年06月22日
沖縄県協会が申請で産廃業者1300人が職場接種へ

新型コロナウイルスワクチンの職場接種について、産業廃棄物処理事業者でつくる県産業資源循環協会(赤嶺太介会長)は国に接種を申請し、厚生労働省から受諾されたと発表。

 

・会員企業の職員やその家族、計1,300人への接種を予定
・接種する医師と看護師、接種会場は確保済み
・1日130人のペースで接種を見込んでいる。
・7月半ばごろから接種を開始し、9月中旬ごろまでに2回の接種を完了する見込み

 

赤嶺会長は「廃棄物の処理は社会基盤でもあり、業務を止めてはならない。会員企業に接種を受けてもらうことで、安心して仕事をしてもらえるようにしたい」とコメントしている。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ