新着情報

ニュース

2021年06月10日
エクイスグループ 日本で廃棄物処理事業開始 投資額は最大550億円

アジア太平洋地域における再生可能エネルギーおよび廃棄物事業インフラ開発のリーディングカンパニーであるEquis Development Pte Ltd(以下「エクイスグループ」※1)は、福島県および広島県に所在する2つの安定型産業廃棄物最終処分場の取得に関する契約について締結したと発表。


埋立容量は、福島県相馬郡に所在する飯舘最終処分場が568,572立米。広島県広島市に所在する上安最終処分場が2,146,901立米であり、エクイスは、日本において合計で2,715,473立米の容量の最終処分場を所有することになる。

 

<飯舘最終処分場>
安定5品目の産業廃棄物(がれき類、ガラスくず、コンクリートくず、陶磁器くず、金属くずおよびゴムくず)の受入れが可能で、埋立容量を305,000立米増量するため、2021年7月に拡張工事を開始予定としている。飯舘最終処分場は、拡張工事完了後、2021年12月の操業開始を目指す。

 

<広島市の上安最終処分場>
石綿含有産業廃棄物を含む安定型5品目の産業廃棄物の受入れにつき許可を取得。2021年4月に拡張工事を完了し、埋立容量を約915,000 立米増量している。2021年9月には、処分場の取得手続きを完了させ、操業を開始する予定。

 


今後、エクイスグループの一社であるエクイス環境ジャパン株式会社が、飯舘・上安の両処分場の開発、建設、運営を実施。
エクイス環境ジャパン株式会社の設立と飯舘および上安の両最終処分場の買収は、エクイスグループが積極的に進めている事業戦略 ― アジア太平洋地域の先進的エリアにおいて、高品質の廃棄物管理、処理、資源回収・再生のインフラ基盤を構築・運営 ― に沿ったものであり、2020年に韓国において廃棄物事業の基盤を構築し、廃棄物をエネルギー資源として活用する4つのプロジェクトに投資・参画したもの。

 

日本において廃棄物事業の代表である取締役 羽鳥智則は、「エクイスは、最高の環境基準に基づき、日本の産業を支えるクリーンで近代的かつ効率的な廃棄物処理施設を提供することを約束します。エクイスは、これまで、日本において、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー事業や持続可能性の認証を受けたバイオマス燃料を使用したバイオマス発電プロジェクトの開発で実績があり、今後も、エクイス環境ジャパン株式会社を通じて、資源循環型社会である日本の未来に貢献できることを楽しみにしています。エクイスグループは、1,320億円以上の投資資金を有しており、さらなる廃棄物処理施設取得を目指し、積極的に動いています」とコメント。

 

エクイスグループは、バイオマス発電事業、再生可能エネルギー事業、そして廃棄物処理事業の各分野において、プロジェクトの開発・運営に長けた専門家を国ごとに擁しており、日本オフィスには現在約30名が在籍している。エクイスグループは、今後2年間で、日本、オーストラリア、韓国において、再生可能エネルギーおよび廃棄物事業関連のインフラ事業に積極的に投資していく方針としている。

 

※1:エクイスについて
アジア太平洋地域において再生可能エネルギーおよび廃棄物事業インフラの開発・運営を行うリーディングカンパニーとして、これまでに、220件以上のプロジェクトを成功させてきた実績を有しています。現在は、日本、オーストラリア、韓国、およびシンガポールにオフィスを構え、アジア太平洋地域の先進国市場を中心に事業を展開す。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ