新着情報

ニュース

2021年02月09日
山梨 総工費337億で新ごみ処理施設 31年度稼働へ

山梨県甲斐市など5市6町で構成する山梨西部広域環境組合は、域内全域をカバーする新たなごみ処理施設整備に向け、本格的に動き始めた。


新施設は、1日当たり318tを処理する焼却施設と日量20tを処理する粗大ごみ処理施設で構成される予定で、その建築費は337億円(税別)と試算されている。すでに建設用地は確保しており、中央市浅利地内の約6haに建設計画している。


■2022-23年度に基本設計
■24-25年度に造成設計・工事
■26-30年度に詳細設計、建設工事を実施
■31年度の供用開始を計画

 

そのため、21年度は環境影響調査や測量・地質調査、ごみ処理方式の検討とPFIなどの導入可能性を調査する方針としている。


また、維持管理費は年間12億円(税別)を見込み、運営期間を20年とすると、新施設の概算事業費は576億円(税別)。

 

尚、収集区域が広いため、ごみを小型・中型車から大型輸送車に積み替える「ごみ中継施設」の整備も検討しており、仮に整備すると決定された場合は、新たなごみ処理施設整備の基本設計に反映する予定にしている。

 

山梨西部広域環境組合は、山梨県の北西部から南西部にかけて立地する韮崎市、南アルプス市、北杜市、甲斐市、中央市、市川三郷町、早川町、身延町、南部町、富士川町、昭和町で構成する。面積は県全域の約49%を占め広域にわたっている。そのため、現在は3つの事務組合がそれぞれごみ処理をしているが、県からごみ処理広域化計画に基づく施設集約化の要請を受け、20年に山梨西部広域環境組合を発足し、新ごみ処理施設整備に向けた検討を重ねていた。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ