新着情報

ニュース

2020年09月07日
ONEジャパン 11/15以降中国向け固形廃棄物輸送を制限

オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)は3日、年末までの固形廃棄物輸入ゼロを目指す中国政府の新たな規制を受け、11月15日以降の中国向け固形廃棄物の予約受付を中止すると発表。

 

中国政府は、この規制の対象として、古紙、廃プラスチック、廃金属、廃化学物質など、すべての固形廃棄物としている。ONEは11月15日以降の到着予定となる対象貨物の予約を取りやめることとし、影響を受ける荷主に対して「出荷スケジュールを計画する際に新しい制限を考慮」するよう協力を求めている。
違反すると、罰金が科される可能性も考えられるとしている。

 

同社は、2017年7月に川崎汽船、商船三井、日本郵船の定期コンテナ船事業を事業統合したOcean Network Express Pte.,Ltdの日本総代理店として、2017年10月1日に設立されている。

 

【中国政府による廃棄物輸入規制】
2017年7月に中国政府が発表した海外ごみの輸入禁止と固形廃棄物輸入管理制度改革の実施計画
(禁止洋垃圾入境推进固体废物进口管理制度改革实施方案)では、年次目標が掲げられており、2020年までに国内資源循環の促進に向けた産業構造の見直し(違法な輸入事業者の営業停止など含む)、また失業者の保障措置など含めた政策実施を目指すとしている。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ