新着情報

ニュース

2020年07月25日
環境省 産廃処理施設に災害廃棄物の処理で特例創設へ PCB対策も

環境省は7月20日、2018年における国内の環境産業の市場規模、雇用規模、輸出入額、付加価値額・経済波及額などについて推計した結果をまとめた「2019年度報告書」を公表。これによると、2018年は、国内の環境産業の市場規模と雇用規模ともに過去最大という結果になった。

 

2018年の環境産業の市場規模は約105.3兆円(2000年の約1.8倍)。全産業に占める環境産業の市場規模の割合は、2000年の6.1%から2018年には10.1%まで上昇し、環境産業が日本に与える影響は拡大し続けている。また、2018年の環境産業の雇用規模は約260.9万人(2000年の約1.45倍)になり、今後も増加していく傾向にある。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ