新着情報

ニュース

2020年07月25日
浜松市 家庭ごみ有料化を環境審に諮問 2021年10月に答申求める

浜松市の鈴木康友市長は、市の目標値を達成できていない家庭ごみの減量推進のため、家庭ごみ有料化の検討を市環境審議会に諮問した上で、2021年10月までに答申提出を求めるとした。

 

また、同じに日に開かれた審議会で、影山伸枝環境部長が市長名の諮問書を藤本忠蔵副会長=浜松医科大教授=に渡した。市は14~28年度の市一般廃棄物処理基本計画で示した市民1人1日当たりのごみ排出量について、18年度目標値866グラムに対し実績値は879グラムとなるなど超過しているため、28年度の目標達成に向けて有料化を諮問するとした。

 

さらに、ごみ焼却施設の老朽化に伴う更新で国から交付金を受ける場合、「家庭ごみ有料化の検討が要件となっている」との説明に加え、9政令指定都市と県内17市町が既に家庭ごみ有料化を導入している状況も報告した。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ