新着情報

ニュース

2020年06月17日
サティスファクトリー 99%再生材ごみ袋「FUROSHIKI」事業者へ供給開始

企業向け廃棄物管理サービスおよび環境コンサルティングサービス等を提供する株式会社サティスファクトリー及びグループ企業は、プラスチック資源の国内循環を実現する99%再生材ごみ袋「FUROSHIKI」の供給を事業者向けに開始。

 

■事業背景-リサイクル支援の発展
同グループでは、廃棄物マネジメント事業の一環として廃棄物の適正処理及び削減をすべく、事業活動から発生する不用物のリサイクルを支援。とりわけ廃プラスチックの需要は大きく、海外の輸入規制や相場に影響を受けない国内循環スキームを確立する必要があり、お客様から定期的に排出される使用済みプラスチックを回収して、再生材ごみ袋として還元するFUROSHIKIプロジェクトを企画。2020年6月22日(月)より供給を開始するに至った。

 

■市場環境-資源と資金を蝕むごみ袋
国内流通する、ごみ袋を含むポリエチレン袋の多くは輸入品のため、年間58万トン※の新たなごみの発生と共に、1,353億円※の資金流出。
一方で、国内生産される再生材ごみ袋、リサイクル100%を謳うごみ袋の多くは、オフグレード材(未使用のプラスチック材、以下「OG品」)使用の美品(実質的に新品)です。OG品は、未使用の新品であっても所有権が移転することで中古品としてリサイクル材に生まれ変わるとしている。
※財務省貿易統計より(2019年度全期、袋-エチレンの重合体製のもの、輸入値)

 

■活用方法-企業は成果数値で環境貢献を示すフェーズへ
企業経営には、経済性に加えて社会や環境に貢献する要素がますます強く期待される中、かつて国内では、CSR(社会的責任)としてボランティアや寄付など、活動自体を評価する傾向にあったが、近年では成果が疑問視されている。
そこで、現在は、企業にはSDGs(持続可能な開発目標)の達成や、ESG(企業価値をはかる「環境」「社会」「ガバナンス」の要素)強化が差し迫った課題とされている。
99%再生材ごみ袋の「FUROSHIKI」は、使用量に応じて正しいCO2 排出削減量が可能となり、ごみ袋を使うというごく自然な行為が、新しい企業価値を生む環境貢献活動すなわちサーキュラーエコノミーへ転換するとしている。

 

「FUROSHIKI」の商品概要、その他詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000059921.html

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ