新着情報

ニュース

2020年06月08日
荏原子会社 伊豆の新規ごみ処理施設172億円で受注

荏原(エバラ)グループは環境事業子会社の荏原環境プラントを代表とする企業グループが静岡県伊豆市のごみ処理施設の建設と運営を受注したと発表。契約金額は合計で約172億円。同市周辺地域の4つのごみ処理施設を集約する形で新たに建設し、焼却時に発生する熱を利用した発電設備も導入する方針。

 

伊豆市と隣接する静岡県伊豆の国市が共同で設立した廃棄物処理施設組合から、施設の建設と運営を受注した。運営期間は2022年10月から20年間の予定。

 

建設予定のごみ処理施設は、処理能力が1日あたり計82トン。焼却時の熱を利用して蒸気タービンで発電する装置も導入予で、発電能力は1200キロワットを想定。施設内には災害時に住民を収容できる避難所や公園も設置し、環境学習での利用も見据え、地域住民の生活に密着した施設を目指すという。

伊豆市や伊豆の国市では人口の減少に伴ってごみの排出量が減るっているが、ごみ処理施設の老朽化が懸念されていた。新施設に集約することで処理効率を上げる見込みとしている。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ