新着情報

ニュース

2020年05月01日
名古屋市 3・4月事業系可燃ゴミ20%減 家庭ゴミ増

名古屋市で3月上旬から4月下旬にかけ、家庭から出る可燃ゴミが前年同期に比べ3.9%増加した一方、企業などから出る事業系可燃ゴミが同20.4%減少しているいう結果を市がまとめて公表。市は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため自宅で過ごす人が増え、経済活動が縮小したことが影響と分析。

 

市によると、3月の1週目から4月の4週目までの8週間で、家庭ゴミは前年同期比で2,278トン増加し60,420トンに。国と県の緊急事態宣言が出た4月2週目で同5.8%増加と跳ね上がり、その後の2週も7.9%、6.6%と高い増加率で推移したという。

 

これに対し、事業系ゴミは前年同期から6,661トン減少し、25,951トン。4月2週目までは減少率が20%未満となっていたが、県が特定警戒都道府県に指定された4月3週目以降は30%台が続いた。

 

市の担当者によると「普段は、前年同期比の増減率が1%にも満たない。明らかに新型ウイルスの影響が出ている」とコメントしている。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ