新着情報

ニュース

2020年03月26日
千葉 君津&安房地域のごみ処理事業 民間事業者と建設地決定へ

千葉県の君津地域4市(木更津、君津、富津、袖ケ浦)に安房地域2市1町(鴨川市、南房総市、鋸南町)が加わった広域なごみ処理事業に関して、新たな施設の建設や運営を担う民間事業者が近く決定する方針。建設地も同時に公表され、総事業費は約746億円を見込んでおり、操業期間は2027年4月から20年間を予定。

この事業に関しては、昨年4月に「(仮称)第2期君津地域広域廃棄物処理事業」と銘打って、6市1町の首長で組織する協議会(会長=渡辺芳邦・木更津市長)が設置されていた。早期実現のため、施設整備や管理運営をする民間事業者を選ぶにあたり、7月に学識経験者5人からなる選定委員会も設けていた。

協議会は9月に公募説明書を公表。


指定した12月23、24両日に提出された民間事業者からの提案書について、選定委は審議を何度も開催してきた。近く開かれる協議会では、選定委から選定にかかわる答申を受けて協議した上で「優先交渉権者」として事業者を決める見込み。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ