新着情報

ニュース

2020年03月26日
兵庫・丹波市 最高額のごみ袋1袋80円 ごみ処理経費が増加が原因

 

兵庫県内で最も値段が高く、市民らからたびたび料金引き下げの要望がある同県丹波市のごみ袋料金について、谷口進一市長は「現時点では料金を下げる状況にない」との考えを示した。


市の「燃やすごみ用」袋の「大」は1枚80円(販売は10枚800円)。

同市は、ごみの収集や処理にかかる費用をごみ袋料金に付帯していて、市クリーンセンターの稼働にかかる経費の状況を鑑み、料金の見直しを検討してきたと説明。


市長は、「平成29年度において検討した結果、27、28年度のごみ処理の経費が、クリーンセンター稼働前と比較して増加している」と話し、料金を引き下げる状況にないとして住民の理解を求めた。

市によると、市は同センターの管理を担う業者と結ぶ12年間の委託契約料は、1年ごとに平準化して計上しているため大きな変動は無しとしている。また、今後、施設の修繕費なども想定されるため、ごみ袋料金を値下げする方針は無いとしている。

 

同県内の他の自治体同じようなサイズのごみ袋の料金の多くは、20〜50円。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ