新着情報

ニュース

2020年03月18日
山形 JAおいしいもがみと職員を書類送検 不法投棄の疑い

山形県新庄市にあるJAおいしいもがみの職員が、大蔵村南山の原野に廃プラスチックなどを不法に投棄した事件で、新庄署が同JA職員ら5人と、法人として同JAを廃棄物処理法違反の疑いで書類送検したこと判明。

 

関係者によると、2019年10月末、大蔵営農センターの男性職員が、組合員から持ち込まれたプラスチックごみなど約600キロ分の処分に困り原野に不法に投棄した。本来は回収業者に引き渡すはずだったが、指定日が過ぎてしまったことなどを理由に、同JAの指示で不法投棄した疑い。

 

不法投棄となった現場は湯の台スキー場近くにある空き地で、以前から不法投棄とみられるごみが集積してた。男性職員は、重機で穴を掘り、これらのごみに紛れてプラスチックなどを埋めようとしていた。同署は現場状況を確認した昨年10月末以降、任意で男性職員らから事情聴取していた。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ