新着情報

ニュース

2020年02月14日
兵庫・芦屋市 指定ごみ袋導入を検討

芦屋市は4月以降に、ごみ袋の規格を定めて販売代理店などで購入する「指定ごみ袋」の導入検討を開始したと発表。今後、市民アンケートなど意見を多く募り、2021年度に策定する一般廃棄物処理基本計画で実施時期や料金を表明していく予定という。20年度一般会計当初予算案に、21年度まで2年間で1600万円を上限に関連支出を認める措置を追加している。

 

ごみ袋有料化検討は、焼却炉のごみ処理能力低下に伴い、ごみ減量対策が急務とされたことによる。
19年8月、市環境処理センター(同市浜風町)で排出基準を超える濃度の水銀を検出、数日間にわたりごみが焼却所に大量に堆積したという事態に陥っていた。その後、市は水銀を吸着する薬剤(活性炭)を導入し、水銀が高熱で気化すると吸着されなくなっている。しかしながら、従来の燃焼温度を下げる結果となり、焼却炉1基当たりの燃やせる量が減少し課題となっていた。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ