新着情報

ニュース

2019年12月02日
豪州政府 リサイクルごみ輸出禁止に向け進行スケジュール発表

オーストラリア連邦政府と州・準州政府は11月8日、リサイクルごみの輸出禁止に関するタイムテーブルを公表。来年7月1日から段階的にリサイクルごみの輸出を停止することを表明。


リサイクルごみの輸出禁止は8月に連邦政府と州・準州政府からなるオーストラリア政府間評議会(COAG)で合意されたもので、プラスチックや紙、ガラス、タイヤなどのリサイクルごみの輸出を禁止し、それに向けた進行スケジュールと対応する戦略を策定することとなっていた。

 

輸出禁止までの進行スケジュールでは、2020年7月までにガラスごみ、2021年7月までに混合プラスチックごみ、2021年12月までにタイヤごみの輸出を段階的に禁止し、2022年6月30日までに紙ごみと段ボールを含む全てのリサイクルごみの輸出を禁止する計画としている。

各州・準州政府は対応戦略の策定やそれぞれの市場分析を実施するとともに、地方自治体や産業界と連携して、進行スケジュールをさらに検証し、2020年初めに最終的な進行スケジュールと戦略をまとめる方針。

 

また、COAGでは、国内のごみ処理や資源回収のフレームワークを定めた「国家廃棄物政策」のさらなる推進のため、新たなアクションプランを決定した。連邦政府主導の下、道路敷設や建設などのインフラ開発で再生原料の使用を大幅に増やすことや、埋め立てられる有機廃棄物の量を半減させることを通じて、廃棄物管理とリサイクル分野で世界をリードすることを目指す。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ