新着情報

ニュース

2019年12月02日
名張 補正予算3・4億円 12月定例会に提案

名張市の亀井市長は、市議会12月定例会に提案する一般会計補正予算3億3923万円など計20議案などの補正予算案について説明。

 

補正後の総額は302億253万円。台風19号の復旧費用3980万円は農地や水路、市道など計20か所の被害箇所に充てる見込み。市内のごみを処理している伊賀南部クリーンセンター(伊賀市奥鹿野)の分担金5610万円では、7月18日に発生した火災以降、敷地内にため続けている家具やプラスチックなどの不燃ごみ約800トンを処理する仮設の破砕機をリースする費用が含まれているとしている。

 

人事院勧告に基づき職員給与を改定する条例案で、主査級以下の約300人を対象に今年4月に遡って平均で月額0・1%引き上げるため、1762万円を計上。老朽化で2016年から休館している市農業研修センターを廃止する条例や、昨年閉校した旧名張桔梗丘高校跡地に来春から市立桔梗が丘中学校を移設する条例の改正なども提出するとしている。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ