新着情報

ニュース

2019年10月03日
京都市有料ごみ袋 市民団体が値下げ求め請願書と署名を提出

京都市が実施している家庭ごみ有料指定袋制について、値下げを求めて活動している8つの市民団体らが、「家庭ごみ袋代の値下げを求める請願書」とともに5424人分の署名を添えて、京都市議会議長宛に提出。

 

有料指定袋制は、収集のコスト意識を高め、ごみの減量を目的として導入された。請願によると、市民の努力でごみ減量の効果が出ており、京都市のごみ行政に良い結果をもたらしていることから、「環境にやさしく暮らしにもやさしい」と掲げる京都市に対して市民負担の軽減を願い、値下げを求めている。
団体代表者らは、指定袋の収益は年間約11億円あり、「45㍑の袋1枚45円は高すぎる」「その収益で街路樹整備など、ごみ処理とは関係のないことに使うのはおかしい」など不満をもらした。

 

ごみ袋代値下げの運動は、ごみ収集有料化で得た財源で市が南部クリーンセンターに展望台を建設する計画を知った市民から、「展望台建設よりごみ袋代の値下げを」と意を唱えたことに始まり、同様の請願は、16年、17年に続いて3回目。今回は、団体数、署名数ともに前回を大きく上回っている。


町内を訪問して署名を依頼したある団体では、訪問軒数の約5割の割合で署名が集まるほど反響があるという。同世話人は、「他都市と比べ袋の値段も高い、収益の使われ方もおかしいという市民の声や生活実態を聞いて、値下げを検討してほしい」と嘆願した。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ