新着情報

ニュース

2019年09月25日
埼玉県新座市 宅配便で不要家電回収 正規処分を市民に促進

新座市は、名古屋市のリサイクル会社「リネットジャパン」と同社の不要なPCや小型家電を全国から宅配便で回収しているシステムを市の広報やホームページなどで市民にPRする「連携と協力に関する協定」を締結。同社は小型家電リサイクル法に基づいて不要家電を適切に処理し、パソコン本体は無料で回収。転売や不法投棄など不適切な処理が横行する中、市民が正規ルートで不要なパソコンを処分しやすい環境を整備し、ごみの減量と資源のリサイクルを促していく方針。

 

同社と同様の協定を締結を結んでいるのは、全国で200以上の自治体のほか、県内ではさいたま市や川口市、戸田市など13市町。
同社の回収システムは、パソコンなど400品目以上の家電製品が対象。3辺計140センチ、重さ20kg以内の箱1個の引き取り料金は税別1500円。箱に収納できれば個数制限はなく、パソコンを含めれば無料になる。インターネットで申し込み、希望日に佐川急便が自宅まで回収に来る。パソコンのデータ消去ソフトは無料。別料金で消去作業と証明書を発行も可。回収から処理完了までの進捗状況はマイページとメールで確認できる。

 

市は、小型家電リサイクル法の制度の定着と小型家電などの回収を促す目的として、同社の回収システムを広報などで市民に広くPRし、同社は回収した小型家電の状況を市に報告。協定は、解約の申し入れがない場合は、1年間自動更新としている。

 

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ