新着情報

ニュース

2019年09月09日
福島県郡山 山林に1.2tの廃棄物不法投棄の疑いで兄弟逮捕

捜査関係者によると、郡山市の会社社長の男とその弟は、県中地区の事務所を撤去する仕事を請け負い、その際に出た机や金庫などおよそ1.2トンのゴミを二本松市の山林に不法に捨てたとして、廃棄物処理法違反の疑いで警察に逮捕された。

 

県が実施している不法投棄のパトロールで発覚したということで、警察の調べに対し、兄弟はいずれも容疑を認めているという。現場はJR二本松駅から北西に6キロほど離れた山あいにある山林で、県道から林道に入ってすぐの場所に廃棄物が捨てられていた。現場には他にもブロックや木くずなどの廃棄物およそ10トンの廃棄物があり、警察は2人の関与についてさらに捜査する方針。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ