新着情報

ニュース

2019年07月28日
日立造船 ロシアムスクワのごみ焼却発電プラントを受注

環境装備、工場設備などを手掛ける日立造船株式会社がロシアのモスクワ政府主導のごみ焼却発電プラント計画において、主要設備の設計機器の供給、据え付け、試運転までを受注したと発表した。同計画は、モスクワ近郊に建設予定の4プラントで、年間約280万tの廃棄物の焼却処理を行い、約150万人分の電力を供給するというもの。同社は、スイスのエンジニアリング会社と共同受注した1プラントで、年間の処理能力70万t、発電出力75MWを想定している。同社では、世界で約1000件に上る受注実績があるが、ロシアでの受注は初となる。

 

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ