新着情報

ニュース

2019年07月20日
北海道札幌市 マイバック持参率85%

北海道札幌市で、マイバック持参率が85%を超えた。これは、イオンをはじめ大手スーパーが同市と協定を結び、レジ袋の有料化に乗り出した効果とみられている。2008年6月にイオンとコープがレジ袋有料化を開始。2009年にアークスグループ。その後、中堅スーパーも続いた。2018年度のレジ袋辞退率は、イオン北海道は85.3%、コープは90%弱と、全国平均の53.5%から大きくリードしている。かねてからイオン北海道では、マイバック持参運動を実施しており、環境保護の意識が高かったが、2008年の北海道洞爺湖サミット以降、さらに関心が高まったという。また、削減できたコストを植樹活動に充てるなど社会貢献も行っている。

 

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ