新着情報

ニュース

2019年06月07日
各業界でプラごみ削減の取組み広がる

廃プラスチックによる海洋汚染などが問題となる中、プラスチックごみ削減に向けた取組みが各業界で進んでいる。主な取組みは以下の通り。

 

【飲料業界】

■サントリーホールディングス

・2023年までにすべてのペットボトル原料を、植物由来の樹脂と使用済みボトルを再生した樹脂に切り替えへ。

■キリンビバレッジ

・6月中旬より、一部製品で再生樹脂を100%使用したボトルを導入

■アサヒ飲料

・ボトルのラベルをなくした水やお茶を、通販・宅配を中心に販売

■伊藤園

・ボトルを軽量化し、「健康ミネラルむぎ茶」の2リットル容器を以前より約3割軽い28.4gに変更

 

【小売業界】

■セブン&アイ・ホールディングス

・2030年までに、傘下のコンビニエンスストアなどでプラ製レジ袋を廃止

■ファミリーマート

・サラダの容器に、環境への負荷が少ない生分解性素材を導入

 

【外食産業】

■モスバーガー

・直営店舗で、持ち帰り用のフォークなどを2020年までにプラ製から紙製に切り替える方針

■大戸屋ごはん処

・プラ製ストローの使用を取りやめ

・マドラーを木製に変更

■ガスト

・プラ製ストローの使用を取りやめ

 

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ