新着情報

ニュース

2019年04月12日
農林水産省 事業所の食品ロス2030年度までに半減を目標

農林水産省は、食品工場や飲食店などの事業所から排出される食品ロスについて2030年度までに半減を目標とする。製造過程から流通、消費にいたるまで供給連鎖全体で取り組みたいとしている。

 

事業所から排出される食品ロスは、年間約350t、家庭からは約280tとされており、家庭の食品ロスについては既に半減目標がたてられていた。

 

目標実現に向け、製造事業者には見込み生産から受注生産への切り替え、消費者には賞味期限が短い商品の購入などを促して行く。また、食品リサイクルの実施目標についても、再生利用50%を達成できるようよびかける。現在のリサイクル率は食品製造業は95%だが、外食産業は32%と低く、2024年度には50%を達成したいとしている。

tstock
tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ