新着情報

ニュース

2019年01月22日
大栄環境 国内2か所にバイオマス発電所建設

廃棄物処理業大手の大栄環境ホールディングスが、国内2か所(静岡県御前崎市、兵庫県三木市)に木質バイオマスと廃棄物を燃料とする発電所を建設する。稼働は2023年までをめどにしている。合計出力は24,000kwで、食品残渣などの食品廃棄物10品目と木質バイオマスを組み合わせ、安定を図る。

 

木質バイオマスは、国産木材のみを使用し、調達は関連会社の総合農林から行う。

tstock
tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ