新着情報

ニュース

2018年11月30日
全国清涼飲料連合会 2030年度までに使用済みペットボトルを100%有効利用

11月29日、全国清涼飲料連合会は、2030年度までに使用済みペットボトルを100%有効利用するとの目標を発表した。自動販売機付近の回収箱に分別シールを貼る他、異物混入の状況を調査する実証実験も開始する。環境省では、20030年までに使い捨てプラスチックの排出量を25%削減する目標を立てており、スーパーなどのレジ袋有料化義務付けなどの方針を示している。サントリーホールディングスは、リサイクル業の協栄産業などと、効率的に再生ボトルを生産する技術を開発。製造ラインの稼働を開始している。一方、再生ペットボトルの技術は浸透しておらず、流通量は全体の10%ほどだという。

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ