新着情報

ニュース

2018年09月07日
神奈川県寒川町 紙おむつ用ごみ袋を無償配布

神奈川県寒川町は、10月1日から紙おむつ用のごみ袋を無償配布する事業を開始する。対象は2才未満の乳幼児がいる家庭で、出生届出時または転入届出時に子育て支援課へ申請する。配布枚数は20枚単位。上限は最大で240枚。(月齢に応じて)毎月800人分を見込んでいる。

 

同町で行ったネットにおけるアンケート調査で、若年層の回答から「おむつ用のごみ袋を無償配布してほしい」というものが複数あったことから今回の事業が決定した。同県では可燃ごみの袋は有料で、おむつのごみが負担に感じる世帯が多かったとみられている。このような事業は同町が初。

ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ