新着情報

ニュース

2018年03月22日
九州工業大学 清掃ロボット開発

九州工業大学の社会ロボット具現化センターが、海岸などの清掃を補助するロボットの開発を行っている。2月末には北九州市の岩屋海水浴場で試運転を行い、地元のボランティア団体「われら海岸探偵団」が立ち会った。メンバーの高齢化が進む中、ロボットの補助は大変喜ばれ、若者の参加のきっかけになればと期待されている。

 

同ロボットは、名前を「ビーチクリーンロボット」といい、自走式の小型四輪車、全長1.4m、重さ120kg。目印に設定した人の後ろを自動で付いていく仕組みで、流木などの重い物を運ぶ際に活躍しそうだ。

 

今回の開発は、外郭団体「北九州産業学術推進機構(FAIS)」が整地されていない場所でのロボット走行技術確立のため、また、海岸のゴミ問題の解決のため、センターに委託し始まった。今後、同センターは、タイヤが砂にはまるなどの課題を改良し、実用機を完成させたいとしており、完成すれば、県内外の海岸清掃活動に派遣する予定。

 

ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ