新着情報

ニュース

2017年05月18日
産業廃棄物処理業者「HOKO」 リサイクル肥料を大分市に寄付

大分市の産業廃棄物処理業者のHOKO株式会社が、500袋分のリサイクル肥料を大分市に寄付した。5月17日、同社の社長、光長浩氏が大分市役所を訪れ、目録を贈呈したという。

 

この肥料は、収集した食品廃棄物を乾燥し破砕後、発酵させて、リサイクルしたもので、豊富な栄養源を含んだ再資源物。

 

同市は、6月3日開催の「大分市環境展」にて、このリサイクル肥料を無料で配布し、リサイクル意識の普及と啓発に役立てたいとしている。