新着情報

エコノハからのお知らせ

2019年11月07日
愛知 産業廃棄物処理業者及び排出事業者への一斉立入指導

愛知県では、産業廃棄物の適正な処理を推進するため、毎年6月と11月を「産業廃棄物の適正処理に係る指導強化月間」と定め、産業廃棄物処理業者及び排出事業者への一斉立入指導やパトロール等を実施。

今回は、6月に引き続き、中国を始めとする外国政府による廃プラスチック類の輸入禁止措置等の海外情勢の変化を踏まえ、不適正処理の未然防止の観点から、廃プラスチック類の排出事業者及び中間処理業者に対する立入指導を重点的に実施する予定。詳しくは以下の通り。

 

—————————————————————————————————————–
1 目的
 産業廃棄物処理業者及び排出事業者への立入指導を行い、不法投棄等の不適正処理の防止を図る。

2 期間
 2019年11月1日(金曜日)から11月30日(土曜日)まで

3 実施内容
(1)産業廃棄物処理業者及び排出事業者への指導

 産業廃棄物処理業者及び排出事業者に対し立入検査を行い、産業廃棄物管理票の適正な使用や廃棄物処理施設の適正な維持管理の徹底を指導する。

 また、廃プラスチック類の中間処理業者における保管・処分の状況確認等を行うとともに、排出事業者に対しては、2018年10月1日付けで改正した「廃棄物の適正な処理の促進に関する条例」に基づく実地確認の規定等の周知を図り、排出事業者責任等について指導する。

(2)パトロールの実施

 不法投棄や野焼きなどの不適正な処理の防止を図るため、市町村と連携し、車両及びヘリコプターを用いたパトロールを実施する。

(3)関係業界への協力要請

 一般社団法人愛知県産業廃棄物協会及び一般社団法人愛知県建設業協会に対し、会員への啓発や自主的なパトロールの実施を要請する。

4 実施機関
 環境局資源循環推進課廃棄物監視指導室、東三河総局、東三河総局新城設楽振興事務所、尾張県民事務所、尾張県民事務所海部県民センター、尾張県民事務所知多県民センター、西三河県民事務所

5 協力機関
 市町村(名古屋市、豊橋市、岡崎市及び豊田市を除く)

 一般社団法人愛知県産業廃棄物協会

 一般社団法人愛知県建設業協会

6 その他
 実施結果については、後日記者発表します。

 

—————————————————————————————————————–

問合せ
愛知県 環境局 資源循環推進課 廃棄物監視指導室
監視グループ
担当:近藤、山神
内線:3081・3083
ダイヤルイン:052-954-6238

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ