新着情報

エコノハからのお知らせ

2018年07月09日
環境省 環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書を公表

環境省は、毎年、環境産業の市場規模・雇用規模等の推計結果をまとめ、「環境産業の市場規模・雇用規模等に関する報告書」を公表している。今般、2016年度版の推計結果をまとめ公表した。

 

環境産業の定義は、「供給する製品・サービスが、環境保護及び資源管理に、直接的または間接的に寄与し、持続可能な社会の実現に貢献する産業とされている。

 

2016年の環境産業の市場規模は、前年比約3.6%増の約104.2兆円と過去最大で、2000年の1.8倍。全産業の中で、環境産業は2000年の6.1%から、2016年は10.4%と増加している。また、2016年の雇用規模も2000年から1.5倍となる約206万人になり、過去最大。

 

輸出入額では、2016年は約11.3兆円。地球温暖化対策が大部分を占め、中でも「低燃費・低排出認定車(輸出分)」・「ハイブリット自動車」の割合が大きかった。2016年の同産業の輸入額は約3.9兆円。

 

詳しくはコチラ>>>

http://www.env.go.jp/policy/keizai_portal/B_industry/index.html

ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ