新着情報

ニュース

2021年05月17日
環境省 新法案でプラごみ資源収集を助成条件に

環境省は、市区町村のごみ焼却場整備などを財政支援する交付金について、レジ袋や食品トレーなど家庭のプラスチックごみをリサイクル資源として収集していることを新たな交付条件とするようにしていくと表明。今後、地球温暖化対策への一環として多量の二酸化炭素(CO2)が出るプラごみの焼却を減らすことを目的とし、申請条件を厳しくすることで、自治体に対して積極的なプラごみのリサイクルを促進していく方針。

 

政府は開会中の通常国会にプラごみの循環利用推進に向けた新法案を提出済みで、成立すれば2022年度にも施行を予定している。環境省は新法施行以降に整備を計画する施設から、新条件を適用する。

 

現在、環境省はごみ焼却場やリサイクル施設などを新設・改修する市区町村に「循環型社会形成推進交付金」として費用の3分の1程度を助成している。今年度中にプラごみの資源回収を条件に加えた交付金の取り扱い要領を改定するとしている。焼却場の建設は規模に応じて1カ所数十億~数百億円程度と莫大な予算が必要となるため、自治体にとって国からの交付金の支援は重要となる。

同省の調査では20年3月末時点で、全国の市区町村の66.7%がプラ製容器包装を資源回収し、リサイクル資源として再利用しているが、これ以外の地域ではほどんどが可燃ごみとして収集している。自治体によってはごみ焼却時に発電もするため、よく燃えるプラごみを積極的に混ぜて焼却する事例も報告されている。

 

一方、政府は世界的に対策が急がれている温室効果ガスの排出削減のため、2050年までの排出実質ゼロや、30年度に13年度比46%減とする新目標の達成に向け、プラごみ焼却によるCO2排出を極力まで減らしたいとしている。
新法案では、市区町村が容器包装だけでなくプラ製の文房具なども一括で資源回収できる新たな仕組みを盛り込んでおり、環境省は交付金を使って自治体により強いプレッシャーをかけることとなる。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ