新着情報

ニュース

2020年06月25日
大阪府5月度鉄スクラップヤード入荷量 前年比12%減

新型コロナウイルスの影響で、鉄スクラップ発生量が減少している。
大阪地区の鉄リサイクル企業で構成する関西鉄源協議会(代表幹事=黒川友二・扶和メタル社長)がまとめによると、5月度の大阪府内の鉄スクラップヤード入荷量は、会員分総計で前年同月比12・1%減の8万2574トンにまで減少したという。

内訳は代納分などを含むメーカー直送分が同20・0%増の2万5404トンとなったが、ヤード入荷分は5万7170トンと同21・5%減少する結果となった。中でも工場から発生する新断スクラップが前年の同じ月に比べ4割以上減るなど、コロナ禍が製造業を直撃した影響が、スクラップ市場にも大きく影響したことになる。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ