新着情報

ニュース

2020年03月26日
北海道岩見沢市の清掃会社 バイナリー発電を導入

北海道岩見沢市にある廃棄物処理の空知環境総合株式会社は、ごみ処理時の熱を利用したバイナリー発電を2022年度までに導入すると発表。焼却時に出る熱は市内の福祉施設に供給し、発電した電気は電気自動車(EV)にためて災害時の電源として利用する方針。この試みは、地域資源の活用と二酸化炭素(CO2)の削減を担う民間主導型のケースとして、今後の有効利用に期待が寄せられる。

バイナリー発電は地熱発電方式の一つ。


ごみ焼却の熱で水より沸点の低い媒体を加熱。加熱源により沸点の低い媒体を加熱・蒸発させてその蒸気でタービンを回す方式。 加熱源系統と媒体系統の二つの熱サイクルを利用して発電することから、バイナリーサイクル(Binary※ -Cycle)発電と呼ばれており、近年、地熱発電などで利用され広まりつつある。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ