新着情報

ニュース

2020年01月14日
極東開発工業 ごみ収集車をリコール 4車種1500台以上

極東開発工業は1月9日、国土交通省にごみ収集車の4車種計1573台のリコールを届け出た。

 

ごみを積み込む装置のロックに問題があり、車体後部のゲートが跳ね上がる恐れがあるという。不具合が4件報告され、うち1件は金沢市で17年5月、跳ね上がったゲートで作業員が手を打撲する軽傷を負う事故が発生。

 

不具合の部分は車体(塵芥車テールゲートロック装置)。

 

塵芥車の積込装置(テールゲート)のロック部において、フックとUボルトの組付管理及びフックの形状が不適切なため、積込作業時等に当該Uボルトに過大な負荷がかかることがある。そのため、当該Uボルトに亀裂が生じ、最悪の場合、Uボルトが破断してテールゲートが跳ね上がり、物品を積載できなくなるおそれがあるというもの。

 

全車両、フック及びUボルトを点検し、間隙がない場合は、当該Uボルトを新品に交換(一部車両においてはフックを対策品に交換)して、フック及びUボルトを適切に組付ける予定。また、取扱説明書のテールゲートロック部について、点検事項を追記した改訂版を配付し、コーションラベルをボデー側面の左右に貼付する方針。

 

国交省によると、対象車両は、いすゞ自動車「フォワード」、日野自動車「日野レンジャー」、三菱ふそうトラック・バス「ふそうファイター」、UDトラックス「コンドル」をベースに製造されている車両。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ