新着情報

ニュース

2019年12月27日
タイ 古紙価格が下落 貿易局が輸入制限を検討

タイ国内で古紙の取引価格が下落している問題で、タイ商務省貿易局のキラティ局長は、関係省庁や業者と来年1月はじめに対応策を協議すとして、26日付でタイのプーチャッカーン新聞が報道している。

 

古紙回収業者やごみ分別業者らのまとめによると、今年1~10月の古紙の輸入量は150万トンで、66億3,100万バーツ(約241億円)相当。輸入増加の影響により、従来1キログラム当たり3バーツだった古紙の取引価格は1.5~2バーツまで下落した。これを受け、当局では輸入制限の実施を求める声が高まりをみせている。

 

貿易局は、輸入制限を実施するかどうか検討するにあたり、今後の天然資源・環境省および工業省と協議した上で決定するとしている。輸入量急増により、国内産業に悪影響を与えている場合は緊急輸入制限措置(セーフガード)も適用できるが、これには1年以上の準備期間が必要であるため、効果がすぐに見込めず早期に輸入規制が必要な場合は、3カ月以内をめどに他の方法で実施する方針を表明している。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ