新着情報

ニュース

2019年06月15日
関西広域連合 大阪湾な沈むプラごみ量を調査

6月11日、大阪市で開催されたシンポジウムで関西広域連合は、大阪湾に沈むプラごみを調査した結果、少なくともビニール片約610万枚、レジ袋約300万枚が沈んでいると推定されると発表した。同調査は、2018年11月、関西空港北側0.08㎢で行われ、ビニール片337枚、レジ袋163枚を回収した。

 

関西広域連合は、連絡協議会を発足し、小売りや飲料メーカーなどの業界団体と具体的なプラごみ削減の策を検討していく。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ