新着情報

ニュース

2019年05月30日
山口県の産廃業者「株式会社JMC」 特別清算開始決定

山口県萩市の産業廃棄物の中間処理業者「株式会社JMC」は多額の設備投資に伴う負債が重荷となり、5月14日、東京地裁より特別清算開始決定を受けた。

 

同社は、1995年9月に約50億円を投じて産業廃棄物中間処理業を開始し、2002年11月には約13億円をかけて焼却施設を建設。その後、廃棄物処理とリサイクルを軸に事業を展開し、一時、年間売り上げ15億円を計上したことも。しかし、競合の増加などにより受注が減少し、多額の設備投資も痛手となり、負債がかさんだ。立て直しを図るも、売り上げは上昇せず、事業をジェムカ株式会社に移管し、2019年2月に解散した。

tstock
tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ