新着情報

ニュース

2019年04月17日
環境省・農林水産省 2016年度食品ロス量を発表

4月12日、環境省と農林水産省は、2016年度の国内においての食品廃棄物は2759万t、そのうち、食品ロス排出量が643万tだったと公表した。全体では、前年度比3万t減。食品廃棄物のうち、事業系が5万t減の352万t、家庭系が2万t増加の291万tだった。

 

世界の飢餓人口は8億2100万人と言われており、3年連続で増加している。2017年には、国連WFPが380万tの食糧支援を行っているが、日本の食品ロス量が上回る結果となっている。国連の持続可能な開発目標は、2030年までに飢餓ゼロを目指しており、世界全体で1人当たりの食料廃棄を半減させたいとしている。

tstock
tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ