新着情報

ニュース

2019年04月07日
神奈川県川崎市 民間業者に多量ごみの収集を許可

神奈川県川崎市が、来年度から引っ越しや遺品整理などで発生する家庭の多量ごみを

民間業者が収集運搬することを許可する方針。現在、家庭の粗大ごみは事前連絡して生活環境事業所に持ち込むことが可能だが、一般家庭ごみは決められた収集日に出すしかない。条例が改正されれば、市が指定する許可業者に直接依頼することが可能となり、料金は各業者が定めたものとなる。

 

同改正に向け動き出した背景には、昨今、引っ越しや遺品整理などで排出される多量のごみの処分を求めるニーズが急増していることがあるという。

 

古紙や古布などのリサイクルを目的とした廃棄物の収集や、本や家電製品などを古物商許可業者が買い取ることは許可不要。

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ