新着情報

ニュース

2019年04月06日
新潟県「勇樹会」紙おむつリサイクルの研究所開設

新潟県で使用済みの紙おむつリサイクルを手掛ける社会福祉法人勇樹会が、3月に紙おむつリサイクルの研究所を完成させ、開設した。同研究所は、敷地面積約850㎡で、1日に約600㎏の紙おむつを処理できるという。保育園や高齢者施設から回収した使用済み紙おむつを破砕、乾燥、滅菌処理し、木くずと混ぜペレットへと再生する。今後、ペレットの製造および燃焼についての実証実験を行い、2019年度中に実用化したいとしている。

 

また、同県新潟市南区の果樹産地で、大量に排出される剪定枝もペレット製造に役立てるという。

 

製造したペレットは風呂や温水プールの燃料として活用される。

 

ディスポ
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ