新着情報

ニュース

2019年03月31日
大分市の最終処分場運営会社が過去の取引先を次々提訴

大分市の産業廃棄物業者が、過去の取引先を次々に訴え、関係者に動揺が広がっている。同社は、2015年7月に、ある建設会社のグループ傘下に入り、役員らが一新された。その後、次々に訴訟を起こしているという。

 

訴えられたのは、5社にのぼり、過去の契約や取引など提訴の理由については様々。中には和解が成立しているものもあるが、同社の訴えはほとんど認められておらず、同社が代金を支払うケースも出たという。

tstock
tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ