新着情報

ニュース

2019年02月07日
日本製紙 PCB廃棄物処理費用の拡大により赤字400億円

2月6日、製紙業界大手の日本製紙は、今期(2019年3月期)の最終損益が400億円の赤字になる見込みと発表した。(前期は78億円の黒字)

従来の予想は80億円の赤字だったが、320億円の下方修正となった。これは、自社倉庫で発見されたPCB廃棄物の処理費用として137億円が計上されたため。

 

一方、営業利益は180億円(前期比2%増)と20億円従来予想を引き下げた。売上高は3%増の1兆800億円。2018年4~12月期の連結決算は、売上高8017億円(前年同期比2%増)、最終損益は389億円の赤字(前年同期76億円の黒字)。

 

tstock
tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ