新着情報

ニュース

2019年02月04日
岐阜市 ごみ処理施設火災について管理会社を提訴

1月31日、岐阜県岐阜市は、2015年10月に粗大ごみ施設「東部クリーンセンター」で発生した火災事故について、保守管理していた「荏原環境プラント株式会社」を相手に43億6,250万円の損害賠償を求め、岐阜地裁に提訴したと発表した。

 

この火災は、同施設の2階において作業員が溶接中に発生し、4階の機器の絶縁油に引火し、施設が、ほぼ全焼したという。死傷者はいなかったが、施設は今も再建されていない。現在、粗大ごみの処理は、暫定的な施設で行っているという。

 

tstock
tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ