新着情報

ニュース

2019年02月04日
岐阜県中央道の土砂崩れ 不法投棄の会社会長ら有罪

2017年8月に岐阜県瑞浪市の中央自動車道で発生した土砂崩れで、不要となった窯業原料を不法投棄した窯業原料製造会社「丸釜釜戸陶料」の会長らに有罪判決が下った。判決によると、3人は、2013年12月から2017年7月にかけて、計約550tの産業廃棄物を、中央道沿いの製造会社所有地やその周辺に、不法投棄したという。

 

同社会長の水野辰英被告には、懲役3年、執行猶予5年、罰金200万円(求刑懲役3年6月、罰金200万円)、同社常務の若尾憲治被告には、懲役3年、執行猶予5年、罰金100万円、土木業の土本直人被告には、懲役2年6月、執行猶予4年、罰金170万円、法人としての製造会社には、罰金1,500万円が言い渡された。

 

裁判官は、「投棄量が非常に多く、崩落により広範囲に悪影響を与えた結果は重大だ」と指摘したが、執行猶予付きとした理由を「賠償は終わり、土砂の処分目処が立っている」とした。

 

tstock
tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ