新着情報

ニュース

2018年12月03日
日本アジア投資株式会社 農業残渣活用のバイオマス発電所 売電開始

11月30日、日本アジア投資株式会社は、青森県上北郡東北町の農業残渣を活用したバイオガス発電所「青森東北町発電所」が売電を開始したと発表した。同発電所は、自然エネルギーベンチャーの株式会社イーパワーなどと共同投資して設立したもので、豊橋技術科学大学などが開発した「豊橋式バイオガス発電システム」を採用している。食品残渣の発生量に合わせ、小規模の発酵槽を用いているため、比較的低価格で設置できる。発酵に適した範囲でプラントの温度を保ち、排熱を利用する。

 

青森県上北郡東北町は、長芋の産地で、非食用部分などの廃棄物を処理するのに、年間2000万円以上の費用がかかっていた。今後、同発電所で、長芋の残渣(日量4t)をメタン発酵槽にてバイオガスを発生させ、年間約16万kWh(一般家庭の約36世帯分)の電力を発電し売電を開始する。これにより、廃棄物の委託処理にかかっていた費用を約3分の1に削減できると見込む。

 

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ