新着情報

ニュース

2018年11月28日
青森県 廃タイヤ不法投棄

11月27日、国土交通省青森河川国道事務所は、青森県つがる市の岩木川左岸において、乗用車用の廃タイヤ35本が不法に投棄されているのを発見したと発表した。これは、同事務所の河川巡視員が巡回中に発見したもので、草木などに紛れるように捨てられていたという。11月21にも巡回が行われたが、その際に異常はなかった。

 

同事務所は、不法投棄禁止の看板を設置し、つがる警察署に通報した。不法投棄は、「河川法」及び「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に違反する行為で、「河川法」では、3ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」では、5年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金(法人等の場合は3億円以下の罰金)が課される。

 

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ