新着情報

ニュース

2018年11月05日
産業廃棄物のワンストップサービスの「イボキン」東京証券取引所JASDAQに上場

兵庫県たつの市の廃棄物処理事業を手掛ける株式会社イボキンが、8月2日、東京証券取引所JASDAQに上場した。同社は、グループ会社の国徳工業と共に、解体事業を行う他、環境事業、金属事業、廃棄物処理のワンストップサービスを全国的に展開している。環境事業では、木材やプラスチック等の分別、加工、再生資源の製造販売及びリサイクル、産業廃棄物の取集運搬、中間処理、最終処分を行う一貫処理が強み。

 

株価は、8月22日に1932円、10月4日に3020円と上昇後、10月30日に1972円と推移している。同社は、5年以内に売上高100億円 (2017年12月期実績56億9900万円)を目指しているという。プラスチックごみへの関心が高まる中、今後、収益が増加するのではとみられている。

 

2018年12月期の業績予想は以下の通り

・売上高63億4400万円(前期比11.3%増)

・営業利益2億8000万円(同5.3%増)

・経常利益3億円(同8.3%増)

・純利益1億9700万円(同1.5%減)

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ