新着情報

ニュース

2018年11月02日
伊藤園 「茶殻リサイクルシステム」確立

飲料メーカー大手の伊藤園が、製造過程で排出される茶殻をリサイクルする「茶殻リサイクルシステム」を独自技術で確立している。

 

関係会社と共同で、茶殻を原材料の一部に使用する他、建材や畳、段ボール、樹脂製品など約100種類のリサイクル製品を開発している。

 

昨年はスポーツメーカー「ミズノ」と、スポーツフィールド用茶殻配合チップを開発。同商品は、表面温度上昇抑制効果があり、人と環境にやさしいという。また、木質ボードに茶殻を配合した茶配合ボードは消臭効果がある畳床に。プラスチック樹脂に茶殻を配合した茶配合樹脂は、抗菌効果を持つ日用品にと加工している。

 

従来、茶殻の水分の含有率と温度が高いため、リサイクルするには、様々な問題があったが同社は、茶殻に残る緑茶ポリフェノールなどの有効成分に着目。長年、研究を重ねてきた結果、水分を含んだままでも製造工程に投入できるシステムを開発し、様々なリサイクル製品を生み出した。

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ