新着情報

ニュース

2018年10月30日
福岡市の産廃業者「和幸商会」許可の更新できず一時閉鎖

福岡市の産業廃棄物処理業者「株式会社和幸商会」が福岡市の許可更新が出来ず、一時閉鎖する。これは、同社が地主から土地の使用許可を得られていないため。

 

同社は、金隈安定型埋立最終処分場の運営会社で、閉鎖は10月29日から。取引先にその旨の通知を送ったという。現在、土地の所有権について訴訟中で、裁判で土地を取り戻した後、事業を再開したいとしている。

 

今年8月にも、同社は、一時的に処分場を閉鎖した。別会社へ事業を譲渡し、処分場の再開を目指していたが、地主から使用許可が得られなかった。10月からは、従前の和幸商会として事業を再開し、許可期限まで地主と交渉したが、決裂したという。地主側は長期化しても徹底的に争うとしている。

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ