新着情報

ニュース

2018年10月19日
福島県 環境省発注工事での廃棄物不法投棄で3人を書類送検

10月18日、福島県双葉署は、家屋解体工事で排出された廃棄物を不法投棄したとして、放射性物質汚染対処特措法違反の疑いで、いわき市の男性会社員ら3人を福島地検いわき支部に書類送検した。この3人は重機作業を行っていた。調べに対し、3人は、スケジュールが立て込んでいたためと容疑を認めているという。

 

送検容疑は、2017年9月から2018年2月頃まで、環境省の発注工事であった大熊町の家屋解体現場において、解体で発生した木材やコンクリート、廃プラスチックなど計283kgを仮置き場に運搬せず不法に埋めて投棄したというもの。

 

これは、元請けの清水建設からの通報により発覚した。

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ