新着情報

ニュース

2018年09月10日
林野庁 「平成29年木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果について

林野庁は、木質バイオマスのエネルギー利用動向を把握するため、木質バイオマスをエネルギー利用している発電機及びボイラーを保有する事業所を対象に、事業所の概要、利用した設備の動向、公的補助の活用状況、利用した木質バイオマス量について調査を行っている。

9月7日、林野庁は、同調査の結果について公表した。

 

平成29年における木質バイオマスエネルギーとして利用された木材チップの量(速報)は、全体で872.6万t(前年比12.8%増)。このうち間伐材・林地残材等に由来するものは263.5万t(前年比37.4%増)。「製材等残材」に由来する木材チップは、150.1万t(前年から14.9万t減)、「建設資材廃棄物」に由来する木材チップは、412.6万t(前年から14.6万t増)。

 

「間伐材・林地残材等」に由来する木材チップの利用量の都道府県別で上位5同県は、以下の通り。

1. 北海道(34.5万t)

2. 宮崎県(26.5万t)

3. 鹿児島県(19.8万t)

4. 大分県(18.7万t)

5. 岩手県(16.7万t)

 

※同調査結果のうち、利用量(確定値)、利用した事業所の概要及び利用した設備の利用動向等については、2018年12月に公表予定。

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ